Guy Laroche

Maison Guy Laroche

伝記

象徴的なパリのファッションハウスであるギ・ラロッシュは新しいデザイナーであるフランス人のリチャード・レネと彼の芸術を採用して新たなる歴史的ページを開きます。
積極的に新しいブランドの追求と本質の復活;洗練された贅沢、予想外の究極の要求である絶対的自由、鳴り響くデザイナーの自身の世界….

エルメスで働いた後リチャードレネはジャンポールゴルチエと一緒に婦人の既製服、スポーツウエア、紳士服、アクセサリーを手掛けながらオートクチュールを極めました
2004年にイエール・インターナショナル・ファッションフェスティバルで優勝し、その後自分のブランドを立ち上げました。彼は自分のファッションを「尖鋭的なミニマリストである純粋主義」と定義付けました。そして高級な生地を建築的裁断で作品を表現し、またいかなる飾りも装飾的要素も用いません。彼は服飾の神髄を黒と白に求めました。純粋の追求は発明または不躾を控えることではありません。
彼は言っています。「私は一種の贅沢と自由の象徴であるギ・ラロッシュのメゾンで育った。ギ・ラロッシュは大胆なファッションデザイナーで時代の先駆者であり、ドレスアップした女性のように非常に解放されたところに住んでいた。これこそが、今までにないものを再び呼び起こすのに引き金を引く私の精神である。」